読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokodamのピアノ日記 vol.5

海と森が見える家に住み、ピアノを弾いています。日々思うこと、感じたことなど、綴っていきます。

ピアノセミナーと、弾きあいっこ。

こんばんは♪

まずは昨日の、ピアノセミナーの御報告。

講師の関本昌平さんは、2005年ショパン国際ピアノコンクール4位入賞、2003年ピティナ特級グランプリ、など数々のコンクール受賞歴をお持ちの、新星ピアニストさん。

今年5月に私が参加したステップで、たまたま昨日のセミナーのことが紹介されていて、おもしろそうだな~と思い、お友達を誘って申し込んだのでした。

関本さんがピアノを始められた幼少期から、現在に至るまでの話、時代や作曲家ごとの弾き分けや、アーティキュレーションや強弱記号の見方、演奏のときの身体の使い方…、などなど、関西の方らしいユーモアを交えながら、楽しく、分かりやすく教えてくださって、とても勉強になりました。

演奏もすばらしかったですが、お話から垣間見られる、関本さんの知識の多さがスゴかった。
そして舞台から、関本さんの温かいお人柄が伝わってきました。

最後に英雄ポロネーズと、プロコフィエフピアノソナタ第7番の第3楽章を演奏してくださいました。
音の迫力と、ブレない安定感が、凄かったです。
参加してよかったです。


そしてそのあと、お友達とランチをして、お友達のお宅におじゃましたのでした。
昨日書きましたように、防音室を見せていただいたのですが。
だんだんお互いに、ピアノの「弾きあいっこ」になりまして。

すごく楽しかった~!
小学生の時みたい。友達の家で、ピアノの弾きあいっこだなんて。

連弾もしました。前から約束していた、フォーレの「ドリー」とか。
お友達の家にあった、「連弾ラフマニノフ」とか。 ピアノ協奏曲第2番、1楽章と2楽章、お互い初見で、「まったく」曲になってないんだけど…。笑 でも一人じゃぜったい弾けないけど、二人だと、出だしのところとか、なんとなく「それっぽい」感じで、おもしろかった~。

お互い練習してまた合わせましょ~、ってことになりました。

本当に楽しかったです。夢のような時間でした。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村