読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokodamのピアノ日記 vol.5

海と森が見える家に住み、ピアノを弾いています。日々思うこと、感じたことなど、綴っていきます。

恐ろしい音源

こんばんは♪

実は、世にも恐ろしい音源が、手元にありまして…。
ピアノの先生のご主人が、「録音」が趣味でいらっしゃいまして、「発せられる音をありのまま録音して再現する」ということにかけて非常に凝っていらっしゃる方なのです。

それで最近、そのご主人とFBなどでお近づきになったのをきっかけに録音についていろいろ教えていただいたりしているのですが。
で、そのご主人が録音してくださった、過去5年間の自分の発表会の演奏を、すべてCDに入れて、私にくださったのです。

実はずいぶん前にいただいたのですが…、私、コワくて、昔の自分の演奏、なかなか聴けなかったんです。
しかし自分の現実と向き合わなければ…。と思い、今日、勇気を出して聴きました。


録音自体は、やはり、とてもクリアできれいなんです。
しかし同時に、自分自身の演奏の問題点も、浮彫にしてくれています…。

ミスも明瞭に聴こえますし、ソプラノ鳴ってない、バランス悪いなぁ、盛り上がりに欠けるなぁ~とか。
いろいろダイレクトに自分に教えてくれるような録音デス。


その中の一つ、一番最初の発表会のときの演奏を、参考までにアップしてみました。
今の先生のところで習い始めて初めての発表会。人前でまともなクラシックの曲を弾くのは15年ぶりくらいだったでしょうか。
緊張して足はガクガク、指はブルブル。頭の中は真っ白でした。ミスだらけ。

ああでも、ただただ頑張ってたんだなぁ~と、なんとなく思いました。


ちなみに写真は、「月光」でなく「日光」です。笑
先日この町で見られた、「日暈」という現象。雲の中の氷晶がプリズムとなって、太陽の周りに虹のような輪が見られます。1時間以上続いていました。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村