読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokodamのピアノ日記 vol.5

海と森が見える家に住み、ピアノを弾いています。日々思うこと、感じたことなど、綴っていきます。

原始仏教的音楽生活

ステップの前から体調悪かったんですが、ステップで落ち込んで、その後立ち直ったもののまた体調を崩し…。

身体を立て直さなくては。


同時に、「ピアノ」との向き合い方も考え直したいと思っていた、今日この頃。
なんかよく分からなくなってきた。

「自分の中に、自分の求める音楽を見出したい」と思って、やってたんです。
それは今も変わらないんですが。
しかしどうしたって、できることとできないことがある。どうしたって年はとっていくし。無理をしても、気力や体力も、厳しいほどに、限界を突き付けられる。

そんな中で、じゃあ、どうしていったらいいんだろう~?と…。


ひとつ今思っているのは、生活の営みのなかの、ピアノ、ということ。
毎日、歯を磨いたり、仕事をしたり、お掃除や料理をしたり、人と話をしたりするのと同じで。
そこにはその人の心の持ち方が、表れると思うのですが。
そういった習慣が、ひとを形づくる。


そして「人前でピアノを弾く」ということを、どうとらえるか、ということ。
なんかあれこれ考えると、苦しくなってしまうので…。
でも結局それも、毎日続く生活の営みの中で、人の目に触れるある一断面、に過ぎないんだろうな、と。

何も主張する必要はなく。アピールしようとする必要もない。
ただそこに、在れば、それでいいんじゃないかな。という結論。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村