kokodamのピアノ日記 vol.5

海と森が見える家に住み、ピアノを弾いています。日々思うこと、感じたことなど、綴っていきます。

新車購入の契約してきました。

おはようございます♪

「ピアノ」全然関係ないハナシですが。
うちの車も、もうだいぶ古くなってきてまして、今回、ダンナの車を買い替えることになりました。

ダンナの乗ってる車は、2代目のプリウス
今回、新しく出た「プリウスPHV」に決めました。

トヨタのカタログ。
f:id:kokodam:20171103183655j:plain:w400


この、「プリウスPHV」、電気自動車とハイブリッドが両方備わった車です。
満充電で走れる走行距離が68.2kmと、通勤や街中を走るのには電気だけでいけちゃうレベル。
電気がなくなったらハイブリッドに切り替わります。ハイブリッド燃費は37.2km/l。

自宅の外壁にあるコンセントから充電できるのがウレシイ。
うちは100Vなので満充電には14時間くらいかかるみたいですけど、200Vだと2時間ちょっとでできるみたい。
夜間の余剰電力を利用できるのが、嬉しいですね。

車のこと、私全然詳しくないですけど、電気自動車ってエネルギー効率がすごいみたいですね。
1km走行に深夜電力で約1円、ガソリンだと15円(10km/l燃費で)だそうです(ウィキペディアより)。

あと嬉しいのが、「蓄電池」として利用可能であること。
充電した電気を、外部給電に利用できるんです。
なおかつ、充電がなくなれば、ガソリンから発電して利用できるらしい。
災害時など、心強い。


先日試乗もしてみましたが、これがなかなか、静かで、動きスムーズで軽く、運転が快適。
今のプリウスより「スッ」と進みます。

そんなわけで、夫婦意見が一致して、この車に決めました。


…これまでいつも車に乗ると、「ああ~、またCO2出しちゃってる。」となんか私、「罪悪感」感じながらだったんですケド。
まぁそんな、うちが一台それに替えたからってホント誤差にもならない微々たるものだけれども。

「何がエコか?」って、よく考えたらホント、分からないですけどね。
でもその何か、クリーンな感じが、うれしいです。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

弦楽器の発表会に行ってきた話

こんばんは~

台風真っただ中ですね。家にこもってます。


先週、ピアノの先生の関係で、ヴァイオリンの先生門下の発表会に行ってきました。
ソロではなく、2台ヴァイオリンや、弦楽四重奏、弦楽器とフルートの合奏などアンサンブル主体の演奏会でした。


…私、弦楽器の教室の発表会って、考えてみれば聴きに行ったの初めてでした。
みなさんは、経験ありますか???

これがまた、初めての私にはすごく刺激が強くて…。
要するに、弦楽器、まず音程をとるところからして、ムズカシイ。
ソロならまだしも、それを2人とか、4人とかで合わせるとなると、非常にムズカシイィィィ。

学生の頃に学校のオーケストラ部の演奏会などは、よく聴きに行きましたけど、「オケ」だと、たくさんの音の「平均値」が聞こえてくるので、たぶんまだ聴ける。
しかしこの、二重奏とか、四重奏とかが、たぶん、すごく難しいのだと思うんです。


なんていいますか、聴いていてもう、ハラハラ、ドキドキ。
曲が終わったときには、「はぁ、終わった~、ヨカッタ~ふぅ。」という感じ、なのデス。


しかしですね、それでも皆さん、たぶん、すごく弾ける方たちなんです。
真面目に熱心に、長年取り組まれてきた人たち。
そこへきて辿り着く、音として聴こえてくる音楽が、それだということなんです。

本当に刺激的でした。
4つの声部を合わせるということの、なんという、崇高なことなのでしょう。

たぶん、それって、ピアノを弾いていると、分からなくなってしまっていること。
自分一人さえいれば、4つの声部が、「ササッ」と合わせられてしまう。
でもその作業って、本当は、ものすごくものすごく、叶え難く、尊いことなんだよ、と。
そんなことを気づかせてくれた。とても刺激的な、演奏会だったのでした。


ピアノ以外の音楽、いろんな方が演奏する音楽を、聴くこということも、とてもいいですね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

他の先生のレッスンを受けるかも

おはようございます~

またまた台風、みなさま、お気をつけくださいね。


最近、レッスン記事サボってますけれど(汗)、2週に1回ペースで通っています。

昨日レッスンだったんですが、先生から、曲がある程度出来上がったら、先生のお友達の先生にもみてもらう、ということを提案されました。
先生のお友達で演奏活動で活躍されている方、あるいは大学で教えていらっしゃる方など。
先生とは違う「タイプ」の先生に、みてもらうことも必要、演奏家にはいろんな「タイプ」があるから、と。


…本当は、私、「おとな」なんだから、自分で求めてもっといろんな先生のレッスン受けに行けばいいだけのハナシなんですが。
でもなかなかその一歩の「勇気」が出なかったんだな。ツテもアテもないですし。
それにやっぱり正直、今習っている先生への「遠慮」、みたいなものも感じるでしょう。内緒でほかの先生にみてもらっていいのかな、とか、先生に言ったらなんて思われるかな、とか。

でも今回、先生の方からそういうことを「提案」してくださったので、なんかすごく、有り難かった。
「公開レッスン」なども含めて、自分でもさがして、他の先生のレッスン受けられるチャンスがあったらどんどん受けた方がいいと、先生言ってくださったので、まぁ、そんなすぐには難しいけど曲がある程度になったらそういうところにも出ていくゾという気持ちで、がんばろう、と思いました。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

「ピアノの森」読みました!

おはようございます♪


マンガ「ピアノの森」。
反田恭平さんの「情熱大陸」で、反田さんのご実家の本棚に「ピアノの森」並んでいましたよね。
その時は「へえ~」とだけ思っていたのですが。
何か月か前に「ピアノが趣味」というある研修医クンに勧められて。「すっげーいいです、俺これ読んでいつもピアノのモチベーション上げてます」っていうので、じゃあ読んでみよう。と思って。

amazonで全巻中古本大人買いして、読みました。


・・・はじめは、「エ~ッ、ありえないでしょ!?この設定!」って思いましたけど。
だって~、家の中のピアノに、こんなにあれこれ温度・湿度常に気にして、やっともってる楽器なのに。
森の中に雨ざらし!? ありえないよ~、、「マンガ」だ。 って思ってましたけど。

でもそのうち夢中になっちゃって。
熱中して一気に読んでしまいそうになったけど、もったいないので、チビチビ読みました。笑


感想としましては…、とにかくですね~、
「一ノ瀬海のピアノが聴きたい!」
「阿字野のピアノ聴きたい!」
「パン・ウェイも聴きたい!」「ついでに雨宮くんのピアノも聴きたい!」 …ってことデス。

恩田陸の「蜜蜂と遠雷」を読んだ時には、「風間塵のピアノが聴きたい!」って思いましたけど。

みなさん、文字や絵で、本当に素晴らしく表現されるのですよね~。
実際に「音」で聴きたいわ~。

「音」を求めてるんですよね、心が。ピアノの音を。


f:id:kokodam:20171008202941j:plain:w300


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ブレハッチ聴きに行ってきました♪

こんばんは♪

今日は暑かったですね~。
でも夜になると肌寒い。体温調節ムズカシ。


昨日、ブレハッチを聴きに横浜みなとみらいに行ってきました!
言わずと知れた、2005年ショパンコンクールの覇者ですね。
私、今年いろんなピアニスト聴きに行ってます。

アンドラーシュ・シフ
マルタ・アルゲリッチ&伊藤京子
・キット・アームストロング
そして今回、ラファウ・ブレハッチ

ちなみに来月は、前回ショパンコンクールで3位だった、ケイト・リウを聴きに行きます。
あと、来年、マレイ・ペライア行く予定。

もう一人の女医さんにお留守番お願いできるようになったので、聴きに行きやすくなりました。


ブレハッチ、良かったです~♪
うちのダンナ、「なんか、『みつばちハッチ』みたいな名前だね。」というので、「アハハ、そうだね~、ミツバチハッチ、ブレハッチ♪ みなしごハッチブレハッチ♪」と歌いながら会場に向かいました。 ←バカ?


ブレハッチ、さすがでした。
特にベートーヴェン3番と、ショパンピアノソナタ2番、特に第3楽章。すごくよかった。

音がものすごく綺麗。自然な流れの中に、豊かな歌が浮かび上がって。
かと思えば一瞬にして怒涛のようなffに包まれる。
「ピアノ」というか、「空間」の響かせ方が、スゴイ。

惹き込まれましたね。


そして聴き終わったあとの、自分の心の、清々しさ。
森の自然に触れたあとみたいな。
不思議とすっかり癒されました。


アンコールはブラームスのOp.118-2を弾いてくれたんですよ~、素敵でした。
あと、ショパンの「太田胃散」。笑


終わったあと、サイン会をやっていて、サインはもらいませんでしたけどお顔間近で見られて。
顔ちっちゃくて、色が透き通るように白くて、笑うとめちゃくちゃ可愛いの!
ピアノに人柄出てるけど、ああすごい。天才ってやっぱり、ああいう美しさ放つんだ。
きっと、森の妖精。そんな気がした。

また聴きたいです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村