読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokodamのピアノ日記 vol.5

海と森が見える家に住み、ピアノを弾いています。日々思うこと、感じたことなど、綴っていきます。

モンポウと、カタルーニャと、…ガウディ。

こんばんは♪

モンポウの「ひそやかな音楽」の、Ⅰ・Ⅱ・Ⅲを弾いています。

昨日「Ⅱ」を弾いているときに、「バチバチッ」と頭の中で結びついたイメージは…、「コロニア・グエル教会」。ガウディの未完の作品。
f:id:kokodam:20140716231542j:plain:w200

コロニア・グエル教会は、実際に行ったことはなくて、写真で見ただけなんですが。

あの不協和音っぽい出だしの響き。鉛色の光を放つような、鐘の音に聞こえる。
中間部の旋律は、祈りのよう。


それから「Ⅰ」と「Ⅲ」弾いていても思うんだけれど、なぜあんなに、もの悲しいのか。


スペイン、バルセロナ、…カタルーニャと言ったら、私の中ではほぼ、ガウディなのデス。
学生の頃、バックパック背負って安宿を泊まり歩き、あちこち回った、スペイン。
バルセロナで見たものは、…いろいろ見たけど、記憶に残っているのは圧倒的にガウディです。

ガウディの建築、私すごく好きなんですけど。
モンポウに流れているものと、根底のところで、やっぱり共通のものがある気がする。


もの悲しさ。
たぶんそれって…、カタルーニャアイデンティティ、ってことなんだと思うんですけど…。
カタルーニャアイデンティティを捨てるvs守る、あるいは、歴史の中で、カタルーニャの民族に刻まれた記憶、みたいなもの。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村