読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokodamのピアノ日記 vol.5

海と森が見える家に住み、ピアノを弾いています。日々思うこと、感じたことなど、綴っていきます。

バッハ平均律の曲目別難易度

こんばんは♪


平均律第1巻の20番のフーガ、長くてタイヘンだな~と、ひ~こらひ~こらここまで取り組んできた、ワタクシ。

今まで、曲別の「難易度」とかってそんなに厳密には意識せず、おおまかに声部の数、調号の数などで先生と相談して順番を決めてきたんですが。
しかしあえて今、「この曲って一体、平均律全体の中でどれくらいの難易度なんだろう?」と思ったわけです。


みなさんはすでにご存じなのかもしれませんが、こういう↓バルトークが難易度順に配列した校訂版の順序とか、ヘンレ社の難易度分類とかがあるんですね。

バルトーク校訂版
http://expiano.org/piano/bach/news/2010/08/bartok_wtc.html

ヘンレ社の難易度分類↓
http://www.henle.de/jp/detail/index.html?Title=The+Well-Tempered+Clavier+Part+I+BWV+846-869_1014


バルトーク校訂版の順序だと、1巻20番は、1&2巻全48曲中、45番目・・・。
あとに続くのはすべて2巻の曲で、1巻の中では最高難度ってことになってますね。


「・・・だよね~」。と、妙に納得して満足するジブン。そら~なかなか、弾きなれないわけだ。


といってもだからといって言い訳にもできないので、今回もなんとかアップに持っていけるようにガンバリマス。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村