読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokodamのピアノ日記 vol.5

海と森が見える家に住み、ピアノを弾いています。日々思うこと、感じたことなど、綴っていきます。

発表会終わりました~

こんばんは♪

…なんか緊張して演奏した後って、脳の興奮がおさまらないのか、夜中なんですが目が覚めてしまって眠れません。
ということで久々にブログを書くことにしました。


発表会が昨日、終了しました。

ソロはショパン舟歌を弾きました。
1か月前にステップで一度弾いて、そのときはわりと落ち着いて弾けたと思ったのですが、今回は…、まぁいろいろと反省点があります。

1か月あったので欲が出て、音楽的なところ、ああしたい、こうしたいがいろいろ出てきて取り組みました。
それは悪いことじゃ決してないと思うんですが、そこからさらに、ミスなくそれを弾けるようにすること、自信をもって弾けるまでにしていくことって、もっと十分練習しないと、だめなんだなァ~。

…今回、3週間後にまた別の曲をステップで弾くことにしていたこともあって、その曲練習しながら舟歌の準備してたんです。
そんな「片手間」でショパン舟歌なんて、100年早い。。と思いました(汗)。

また今回、前回まで「必ず」ミスしていた(汗)、6度や3度の重音が、弾けて、「おお、弾けた!」と思ったら、それに続くところで予期せぬミスをして、余計動揺して、それが後を引きずってしまった…。

あとは一番盛り上がるところで息が続かず盛り上げられなかったことが、すごく悔しい。

録音聞いてても、「呼吸」ができていない感じ。十分歌えていない感じ。
いつもより先を急いでしまって、「間」も十分にとれていない。

やっぱり、弾いていて「不安な気持ち」が出てきてしまう、ってこと。それが「歌」や「呼吸」に影響してる気がする。
「不安な気持ち」が顔を出さないところまで、練習が必要ってこと。



…と、やや落ち込み気味ではありますが。
しかし難しい曲でしたし、大きな曲でした。本番はなかなかではありましたが、ある程度まで弾けるようになってきたということは、それだけ自分の身体も変わってきたということ、だと思います。それは自分にとって大きな収穫です。


この曲に取り組んで、1年半デス。
ある方のブログ読んでいたら、アマチュアショパンのバラード1番をとても素敵に弾かれた方のことが書かれていて、その方はなんと「4年」、バラード1番に取り組まれたのだとか。

そうですよね。それくらい、かかるんだ。

大好きな曲なので、弾き続けていきたいと、思いました。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村